MEMBER

MEMBER

image

千阪ノラコ

自己紹介

猫好き女子で現在独身のアラフォーライター。

好奇心の塊で、最新の情報をいつも集めており、記事やエッセイ、レビュー、恋愛詩を書くのが得意。

誰とでもすぐに仲良くなり、興味を持った相手には、初対面から距離の詰め方がエグい。

美に関する感度が高く、美容、美食、芸術(特に西洋絵画)、舞台(特に歌舞伎)、への造詣が深い。

音楽はジャズ、椎名林檎、ボサノバ、K-popをよく聞いている。

作家は与謝野晶子が好き。

(椎名林檎もそうだがその時代と世代、世間が持つ女性へのイメージ、価値観に、真正の本音デフォルトを投下してくれる所が痛快。)

仕事は芸能活動から美容業界まで
転々としたが、一番長く続いていて才能が発揮できているものは、
書く仕事と、お水の仕事。

〈幼少期~学生時代〉

ピアノとエレクトーンを4歳~14歳までやっており、その時にジャズと出会い、大人になってからブルーノートや他のジャスバーへ通いジャズヴォーカルを始める。

中学時代、オタクの友人に洗脳されたことで漫画、アニメにハマり読むだけではなく同人誌描きの手伝いから、コミケでのコスプレまでする様になる。漫画家はCLAMP、赤石路代、槙村さとるが好き。

小中学校で読書感想文、短歌、俳句、詩で賞を受賞したり、新聞、雑誌に載る。
親が教育熱心だったので、習い事とその練習や勉強で忙しく、友達と遊ばせて貰えなかった為、友人は野の草花図鑑上下刊。

友人いないエピソード、お一人様行動エピソードは子供時代~大人になってからまで豊富。

手に職をと高校は調理師免許の取れる学校へ行き、大学では詩を学びたくて文芸学科に入る。

大学で知り合った大学教授で詩人の平居謙氏に師事し、短詩、恋愛詩、エッセイの才能が目覚める。

〈社会人~現在〉

仕事はパーティコンパニオンに始まり東京でモデル、タレントとして活動。銀座のクラブでも働き有名店では退店までNo.1だった。色恋ではない、息の長い太客を掴むテクニックと心構え、接客術はこの頃編み出された。現在でも化粧品販売、ライターの仕事の傍らラウンジのホステスを続けている。

内気だった子供時代とはうって変わって大人になってからは超積極的人間。面白い仕事、活動、性格をしている人間が大好きで、すぐに接近し、友達になれる。

海外へは6カ国を旅し、特に印象深かったのはペルー。

京都府、大阪府、兵庫県に暮らした経験から、関西情報、あるあるエピソードも豊富。

25歳の時に第11代プリンセス天橋立という観光大使に選ばれ、日本三景の天橋立をPRするアンバサダーとして活動。京都府北部出身という事もあり、地元愛に目覚め、Uターンする。

現在は地元地域一帯、20万人が読むフリーマガジンのライターもやっており、京都府北部、福井県嶺北、嶺南地域に精通。

化粧品販売の仕事もやっているので資生堂等のカウンセリング化粧品から、一般化粧品まで精通しており、特に新商品への感度が高め。

恋愛も得意ジャンルで辛口女の本音、しつこい男との別れ方、男性心理、女性心理、年下カレシにお会計をさせる方法、甘えさせてくれる男にする方法、本命女子に選ばれる方法など聞かれればいくらでも披露できる。

ソラハナでやりたいこと

自分に出来ること、分かる事なら何でもやってみたいです。

自分が出るのも書くのもどちらもOK。

地元地域一帯のレアな特産品もセレクトショップで売ったり、商品開発、企画もしたい。

レビューや記事、エッセイ、ハウツー本、コピー、紀行文、新刊の帯、リサーチ、詩など、小説以外なら何でも書きたいです。